黒いプラ板は100円ショップで購入できる?プラ板の種類とアイデアを紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。shizukaです。

今回は、黒いプラ板を使ったアイデアをご紹介したいと思います。しかし、黒いプラ板は手芸店やネットショップでもあまり見かけません。普通のプラ板のように100円ショップでも購入することは出来るのでしょうか?

スポンサーリンク

黒いプラ板は100円ショップで購入できる?

ネットショップや手芸店ではあまり見かけない黒いプラ板ですが、以前、セリアで手芸コーナーをうろうろしていたら、見かけたことがあります。しかし、その時は、黒いプラ板って使い道あるの?と思って買いませんでした。

今更ですが買っておけば良かったと思います。

ダイソーでは見かけた事がないです。

セリアは近所に2店舗ほどあるのですが、どちらの店舗でも黒いプラ板は見かけないですね。

プラ板の種類は、どの位ある?

プラ板はメーカーによって色々なものが出ています。

個人的には、セリアで売っている、クラフトプラ板が使いやすいです。

今回は、ブラック以外でセリアに売っているクラフトプラ板をご紹介します。

※個人的にセリアのものが使いやすいので紹介します。

ホワイト

両面つるつるした一般的なプラ板です。

油性マジック向き。

表面を自分で加工しないと、色鉛筆や鉛筆が使えないです。

透明

両面ツルツルしていて、定番のプラ板

油性ペン向き。

自分で表面を加工しないと、色鉛筆や鉛筆が使えません。

加工するとどうしても半透明になります。

油性ペンやマジックを使った時に、色が薄いです。

表面にシリコン加工がしてあるためです。

透明(ノンシリコンタイプ)

油性マジック向きです。表面にシリコン加工がしていないので、色がはっきりと出ます。

セリアで購入できます。

半透明・ホワイト(フロストタイプ)

半透明は、私がよく使っているものです。

元々片面が加工してあって、色鉛筆、鉛筆、水性マジック、

油性マジックなど色々なペンが使えます。

セリアで購入できます

ホワイト・透明(蓄光タイプ)

ホワイトの方は、少し黄色味がかった色をしているので、袋を開けてしまっても

一発でわかると思います。

蓄光(ちくこう)とは、太陽の光や蛍光灯の光を溜め込んで暗いところで光る性質の事です。

表面がツルツルしているので油性マジック向きです。

表面を自分で加工しないと色鉛筆や鉛筆は使えません。

ホワイト(インクジェットタイプ)

半透明フロスト(インクジェットタイプ)

どちらもイラストや写真をプリントして使えます。

透明の方は、透けるので少し濃く印刷したほうがいいです。

ブラック(ダイソーのもの)

実店舗では、ほとんど売っていない色ですが、ついにダイソー、セリアに売っているのを見かけました。

ダイソーの物を購入してみましたが、片面は少し光沢があり、もう片面は艶消しのような質感です。

他のメーカーでは、KAWACHI画材というメーカーで、オリジナルの黒いプラ板を販売しています。

ネットショップというメニューから

ヤフー店、アマゾン店が選べます。

販売は0.2mmのみです。

100円ショップの方は片面がツルツル、もう片方がつや消しのような感じでした

KWACHI画材の方は、片面が加工してあり、鉛筆や色鉛筆、水性マジック、油性マジックなどが使えます。

パステルカラーのゲルペンもおススメです。

プラ板は、ノンシリコンと書いていない限り、表面をシリコン加工してあります。

プラ板の表面加工の方法とは?

鉛筆や色鉛筆を使えるように自分で表面加工する方法を紹介します。

サンディングといって、800番くらいの紙やすりで

プラ板全体を軽くこすって、うっすら白くなる程度

まで行います。

黒いプラ板のアイデアを紹介!

黒いプラ板をクラフトパンチで抜いたピアスの作り方

今回は、肉球型とサークル型のクラフトパンチとUVレジン液「星の雫」を使ったぷっくりピアスを作ります。

準備するもの

  • 黒いプラ板(0.2mm)

今回使用している黒いプラ板は、以前ネットショップで購入していたものを自宅で見つけたので使うことにしました。

Kawachiというメーカーのオリジナルプラ板です

  • 肉球型のクラフトパンチ

Carla Craftというメーカーのものです。

ネットショップや手芸店で購入できます。

  • サークル型クラフトパンチ 

7/8″なので直径約2.2cmです

こちらもCarla Craftのものです。

ネットショップや手芸店で購入できます。

どちらも紙用のクラフトパンチですが、0.2mmなら抜けます。

  • アルミホイル

オーブントースターの中に敷きます。

  • 調理用の手袋 (ニトリル手袋)

肌が弱い人は、UVレジン液を使う時に使用してください。

  • おもし

辞書などの厚めの本がおススメです。

  • UVレジン液

パジコ社の星の雫 (ハードタイプ)がおススメ!

今まで使った、UVレジンは硬化させた後のベタつきが嫌だったのですが…。

アマゾンで気になってしまったので買ってみました。

100gを購入したのですが、定価よりも安かったです。

冬場は、粘度が高くねっとりとしていて使いづらいです。

エンボスヒーターで温めるとサラサラの液になるので使いやすくなります。

  • 宝石の雫

パジコから出ているUVレジン専用着色料です。

基本色、蛍光色、パールカラーとバリエーションが豊富です。

今回は、パールターコイズを使用しました。

  • 撹拌棒(混ぜる棒)

割り箸や竹串でもOK

  • UVライト・UV-LEDライト

UVライト(36w)

約2分〜3分で硬化します。

UV-LED ライト

約30秒〜90秒

厚みや季節、天候などによっても異なります。

様子を見ながら硬化させてください。

UVライト・UV-LEDライトを持っていなくても直射日光で硬化させることが出来ます。

直接太陽光で硬化させる時には、透明の密封容器の本体をフタの代わりに使用すると、ホコリやゴミが付くのを防ぐことができます。

晴れている日は、約30秒〜90秒

曇っている日は、約3分〜10分

形や厚み、季節によって変わるので、様子を見ながら調整してください。

  • クリアファイル

レジン液を塗る時にテーブルや机が汚れないようにするため。

UVレジン液も硬化後に綺麗に剥がすことができます。

調色パレットがないときに、直接クリアファイルの上にレジンを垂らして調色することもできます。

  • ピアスパーツ

透明樹脂製キャッチタイプ

プラ板の後ろ側にUVレジンで付けます。

UVレジンは光が通らないと硬化しないので、透明な樹脂製の

物を使用します。

  • ペンチ

クラフトパンチの金属部分を戻すのに使います。

スポンサードリンク

あると便利なもの

  • 針金

UVレジンの中や表面に気泡ができてしまったときに、潰します。

クリップを崩したものでも代用できます。

  • マスキングテープ

画像のようにクリアファイルに粘着面を上にして丸めて貼ります。

  • 楊枝

レジン液をのばす時に使います。

細かいところを塗るのにも便利です。

  • 透明の密封容器(タッパー)

太陽光で直接硬化させる時に使います。

100円ショップでも購入できます。

  • パジコの調色パレット

レジン液を着色したり、モールドに注ぐ時に使うと便利です。

付属のパッケージで大まかなグラム数がわかります。

1袋3個入りです。

手芸店やネットショップで購入できます。

画像の入れ物が調色パレットです。

  • エンボスヒーター

今回使用しているものは、強弱の2段階式の清原製エンボスヒーターです。

手芸店や、ネットショップで購入できます。

作り方の手順

1.プラ板を肉球型のクラフトパンチで抜きます。

1つ1つの肉球の間隔を広めにとります。

紙と違ってプラ板は少し硬いので平らな机やテーブルの上に置いて、両手で思っ切り押してください。

カツンと音がしたら完全に抜けています。

抜いた後、クラフトパンチが元に戻らなくなるのですが、焦らなくて大丈夫です。

無理にプラ板を抜かないでください。

通常は肉球部分が凹んでいます

クラフトパンチの底の銀色の型の部分をペンチで下に押すと元に戻ります

2.サークル型のクラフトパンチで肉球の周りを抜きます。

先に肉球を抜いてしまって、サークルで抜いた方が、バランス良く出来ます。

底の方から見た方がよりサークルの真ん中に調整することができます。

机やテーブルにクラフトパンチを底側にして置いたまま肉球の方を動かした方が、

抜く時にずれにくいです。

良い所に来たら肉球をそのまま動かさないようにして、両手で思い切り押してください。

カツンと音がしたら抜けています。

円の直径は約2.2cmです。

サークルはすんなり抜けて、元に戻るのでペンチで戻す必要はありません。

複雑な形だと戻りにくいようです。

縮ませる方法

1,オーブントースターへ入れる

今回、使用したのは1000wでそのトースターの最高温度です。

電子レンジはやガスオーブンは使えません。

例えば、シンプルなトースターで1000wでタイマーが付いているだけというものだったら、様子を見ながら縮ませるだけでいいのですが、私が使っている物は、1000wで温度調節がついています。

ここで疑問ですが、

温度調節機能があるものは、何℃がいいのか?という事です。

そこで、実験してみたのですが、最低温度から最高温度までで成功率が高かったのは最高温度で縮ませる方でした。

プラ板は熱に反応するので、

温度を低くすると、縮むのにも時間がかかりますが

温度を高くすると、熱くなるので、それだけ早く縮みます。

さらに1分ほど余熱すると、20秒ぐらいで縮んでくるので

とても早いです。

あっという間に縮みます。

縮ませすぎないように注意してください。

縮ませすぎると溶けたり変形します。

私の使っているトースターは最高温度が250℃です。

250℃だと30〜40秒で縮みます。(余熱なし)

縮んで、元の平らな状態に戻った頃、トースターから、取り出して辞書などの平らな部分でおもしをします。

トースターのメーカーによって、違いがあると思いますので、

半端や間違って切ってしまったプラバンで縮み具合や温度をテストをしてから、本番をやった方が、失敗が少ないです。

大体平らになった頃に取り出します。

長く入れすぎると溶けてしまいます。

2.おもしで平らにする

取り出したら、熱いうちにおもしで押して平らにします。

平らになったらパーツの完成です。

完成サイズの直径は約1cmです

UVレジン液を塗る方法

縮ませたプラ板はかなり小さいので、ここでもマスキングテープで後ろがわを固定すると、縮ませたプラ板が動きづらくなるので塗りやすくなります

1.抜いた部分にレジン液を入れるので、マスキングテープでしっかり固定します。

2.抜いた部分にパールターコイズに着色したレジン液を、楊枝の先につけて

少しずつ入れていきます。ギリギリはみ出さないところまで入れます。

入れ終わったら、2分硬化させます。

硬化させたら、

その上にぷっくりとするまで透明レジン液を少しずつギリギリまで盛ります。

これより多く盛ると液がこぼれます。

(硬化させた時に周りにバリができてしまい汚い仕上がりになってしまいます。)

気泡が入ってしまったときは針金で液を持ち上げるように突くと消えます。

消えづらいときは液を端まで引っ掻くように持ってきます。

このときプラ板の表面を引っ掻かないように注意してください。

気泡が残ったままにしてしまうと、硬化する時に少し熱くなるので、気泡が上がってきて表面に出てしまい、ボコボコした表面になってしまうので、気泡は抜けるだけ抜いておいた方がいいです。

マスキングテープで固定させたまま、UVランプ(36w)を2分タイマー1回で硬化させました。

1回の硬化でベタつきはなくなりますが、

2回やると完全にベタつきがなくなります。

UVランプ本体の中のお皿は外してしまって本体だけをかぶせるようににして硬化させた方が物を動かさずにできるので、液をこぼしたり、絵柄が崩れたりしません。

3.UVレジンをクリアファイルの上に一滴くらい出して、ピアスパーツのお皿の方を

直接付けます。軽くつくぐらいで大丈夫です。

縮めたパーツの後ろの真ん中あたりにレジン液をつけた方を下にして置きます。

レジン液が少しはみ出ても大丈夫です。

垂れてしまったら、拭いてください。

UVライト(36w)で2分硬化させます

表面がふっくらとした可愛い肉球ピアスの出来上がりです。