2液性レジン(エポキシ樹脂)へ綺麗に封入するコツとは?鉱物風モールドにドライフラワーを封入するペンダントの作り方を紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。shizukaです。

今回は、近所の道の駅で購入したドライフラワーを封入した鉱物風ペンダントを作ります。

スポンサーリンク

2液性レジン(エポキシ樹脂)綺麗に封入するコツとは?

もっとも大事なことは、気泡を抜くという作業です。

完全に気泡を抜きたいなら、真空脱泡機という機械が必要になってきますが、

どちらかというとプロが使うような機械です。

価格は最低でも10万くらいはします。

それは、簡単に手に入るようなものではないですよね。

実は、そんなに高い道具を使わなくても、最低限影響が出ないくらいなら、

気泡を抜ける道具があります。

ドライヤーかエンボスヒーターと使い古しのストッキングです。

温めることによって、気泡が上がってくるので、抜けやすくなります。

エンボスヒーターは熱が逃げるところが先端の口の部分しかないので、

温めるものに近づけすぎないようにしてください。

中のヒーターが焼けてしまい、使い物にならなくなります。

過去に2本ほど壊しました。

ただ、2液性レジンは、温めすぎると、ゼリー状になってしまうので、

ほどほどにしてください。

本当に小さな気泡でしたら、そんなに影響はありませんが、

どうしても、抜きたい時にはストッキングを使う方法があります。

ストキングの目が細かいのでより細かい気泡も抜くことができます。

使う時は、紙コップなどにレジン液を作って、その上にかぶせて、

紙コップの端を少し潰して注ぎ口を作ります。

少し高い位置から細い棒に伝わせて、ゆっくり型に入れていきます。

2液性レジンは、放置してゆっくり硬化させるので、硬化する間にも気泡が抜けていますが、完全に気泡を抜くことは難しいです。

本当に小さな気泡なら、硬化した時に、光が当たるとキラキラして綺麗です。

硬化させている間は、型の上に、密封容器の本体をかぶせておくと、

ホコリ、ゴミがつきにくいです。

複雑な型へ入れた時の気泡抜きの方法とは?

今回は、特に複雑な方を使っているわけではありませんが、参考までに。

複雑な形のシリコンモールドや型に入れた時は、より気泡を抜くのが難しいとされます。

そんな時の気泡の抜き方ですが、温めて気泡を抜くというところまでは、通常のシンプルな型に入れる方法と同じです。

レジン液を作ったら、大きな気泡が消えるまで、温めます。

複雑な型は、大きな気泡ができてしまうのが、ちょっと厄介なので、

注ぐ時に、レジン液を作った紙コップの上から使い古しのストキングをかぶせて、紙コップの上の方を少し潰して、注ぎ口代わりにします。細かい気泡を濾しながら、細い棒を伝わせて、少し高い位置から、型にゆっくり入れていくと、大きな気泡ができにくいです。

一気に入れないで、何回かに分けていれるのがコツです。

1、型にレジン液を少し入れたら、抜けるだけ気泡を抜きます。

2、レジン液を少し足して気泡を抜きます。

3、1〜2を繰り返して、注ぎ口までいっぱいにします。

2液性レジンは硬化がゆっくりなので、焦らずに作業ができます。

レジン液を作る容器は紙コップや柔らかいプラスチックカップがオススメです。

大きさが色々あります。

注ぐ際に使う棒は、割り箸が最適です。

口が細い場合は、竹串が良いです。

ストッキングは、つま先側から、大体10cmぐらいのところで切ります。

容器の上にかぶせてピンと張ってゴムで止めます。

2液性レジンの量の測り方とは?

2液性レジンって、どうやって測るの?って疑問に思う方がいるのではないでしょうか?

2液性レジンは、重さで量を測ります。

クリスタルネオは、2:1なので、

例えば、20gの主剤に対して硬化剤を10g重さで測ればいいのです。

別々に測ってもいいですが、私は一つの容器に全部入れてしまいますので

20g+10g=30gなので、30gとデジタルはかりが表示すれは、OKです。

この時、容器の重さは0です。

これを正確に図らないと、硬化不良の原因になります。

例えば、主剤が20で硬化剤が10としたときに0.1g単位のデジタルはかりが、

主剤:20.05 硬化剤:10.08という表示が出たとします。

なるべくなら、ぴったりにしたいところですが、赤い字のコンマ以下の数字は気にしなくても大丈夫です。

黒い文字の方が重要なので黒い数字の方が合って入れば問題ありません

0.1g単位で測れるデジタルはかりがない時は1g単位で測れるはかりでも

大丈夫です。

0.1g単位まで測れるデジタルはかりがあるとより正確に測ることができます。

スポンサードリンク

鉱物風モールドにドライフラワーを封入するペンダントの作り方を紹介!

準備するもの

  • シリコンモールド(鉱物風)

アマゾンで購入した、4つセットのモールドで、モールド自体が透明度が高くUVレジンにも使えますが、2液性レジン用とUVレジン用は分けて使った方がいいです。

モールドによっては、曇りが出ることがあります。

  • ヒメコバン、ヒカゲノカズラのドライフラワー

ヒメコバンは茎を長めに切っておきます。2つ使います。

お好みで増やしたり減らしたりしてください。

ヒカゲノカズラは1筋分くらい

  • NRクリアカラー(着色料)

今回使用している2液性レジンと同じメーカーのものなので相性は◎

混色も自由にできるので無限に色が作れます。

色別に4本のスポイトがついています。

  • キッチンペーパー

汚れや垂れてしまった液を拭き取るときに使用します。

ティッシュだとカスがついてしまいます。

  • 2液性レジン(エポキシ樹脂)

クリスタルネオを使用しています。

とても透明度が高く、黄変しにくいです。

  • デジタルはかり

0.1gから測れるものを使用しています。

  • ニトリル手袋

2液性レジンは、硬化するまで時間がかかるので、手についてしまうと、石鹸をつかて洗ってもなかなかベタつきが落ちないので、作業中は使ったほうがいいです。

  • 紙コップ

クリスタルレジンネオに計量カップが1つ付いているのでそちらでも大丈夫です。

レジンの着色や 型に注ぐ時に便利です。

  • クリアファイル

レジン液を塗る時や、モールドに注ぐときにテーブルや机が汚れないようにするため。

  • ピンバイス

完成品にヒートンをつけるとの穴あけに使います。

ピンバイスの太さは、1mm〜1.2mmくらい

  • 割り箸、竹串

撹拌したり、型に注ぐ際に使用します。

  • 蓋の代用品

硬化中のモールドにゴミやホコリがつくのを防ぐために使います。

モールドに付かない高さのもの。

  • バチカン

青い矢印のところの金具です。

ドライフラワーを封入した鉱物風ペンダントの作り方を解説‼︎

1、カットしたヒメコバンを鉱物風モールドに入れます。

そのまま硬化させるので、平らなところで動かす必要のないところへ置いてください。

茎を長めにカットしたのはモールドの内側に引っかかるように調整できるようにするためです。

ドライフラワーは軽いので内側に引っ掛けないと浮きます。

次にヒカゲノカズラを入れて行きます。

ヒメコバンを浮かないようにするための重石の役割をします。

少し多めに入れてもOKです。

多すぎると思った時は量を調節してください。

逆に少ないと思ったら足してください。

2、クリスタルネオ(2液性レジン)の重さをはかります。

主剤:20g 硬化剤:10g

よく混ぜてください。

3、モールドにゆっくり注ぎます。

こぼれないギリギリのところまでいっぱいに入れます。

レジンを注ぐと、中のヒメコバンとヒカゲノカズラは少し動きますが、楊枝や竹串でお好みの位置に調整してください。

このときに大きめの気泡ができてしまったら、楊枝や竹串で突いて潰してください。

目立つ気泡がなくなったら、そのまま硬化させます。

モールドに触らないくらいの高さの蓋をしておくと硬化中にホコリやゴミをつくのを防げます。2液性レジンは日光が当たらなくても硬化させることができるので、透明不透明どちらの蓋でも大丈夫です。

4、12時間〜2日ほど置いておきます。天候や状況によって効果時間が変わりますので

様子を時々見てください。

5、モールドから取り外します。完全に硬化していれば綺麗に取れます。

ペンダント金具をつける方法を紹介!

1、バチカンを画像のように開きます。

ペンダントが通るギリギリくらいで大丈夫です。開きすぎると閉じるのが大変です。

今回のペンダントの厚みは約5mmです。

2、先端から約4mmくらい(赤い点の部分)にピンバイスで垂直に穴を開けます。

端すぎると欠けてしまいます。

穴の直径は約1.2mmです。

穴を開けたら、穴の周りのバリや内側のカスを落とします。

バチカンの片方の足(紫色の部分)をペンダントの穴に入れます。

入ったら、穴に入れた足の後ろの平らなところを両側から均等な力をかけて閉じます。

7、チェーンやお好みの紐などをつけて出来上がりです。

余ってしまったレジンの利用方法は?

30gでレジン液を作るとあまりのレジン液がかなり多いので、

他の3つのモールドを使って作品を作ります。

こちらにもヒメコバンやヒカゲノカズラを封入してもいいですし、

NRカラーを使ってシンプルなものを作ってもOKです。

今回は、NRカラーを使っただけのシンプルな物の紹介です。

NRカラーは4色セットなので自分のお好みの色で作ってください。

グラーデーションにしています。

スポンサードリンク

余った2液性レジンの液のグラデーションの作り方とは?

2種類の方法を紹介します。

1種類目

余ったレジン液を着色するので、新たに紙コップに透明のレジン液を小分けにします。

2色にするので、小分けの紙コップは2つ用意します。

片方は、ブルーのみ

片方は、イエローが2滴 ブルーが1滴でグリーンを作ります。

作ったものを2つ同時にモールドに注ぎます。

うまく同時に注げると綺麗に半分から色が分かれます。

グリーンの方が多くなってしまいました。

そのまま12時間〜2日ほど置いて硬化させます。

天候などで硬化時間が変わりますので時々様子を見てください。

2種類目

画像のものだと

ブルー→グリーン→クリアの3層になっています。

作り方は、

1、はじめにブルーをポタポタとモールドの先端の方へ少しずつ垂らします。

2、グリーンはブルーの隣に少しずつ垂らします。ブルーとグリーン合わせて1/3くらいになるまで垂らします。

3、最後に、クリアを垂らします。クリアは反対側から垂らします。

モールドからこぼれないギリギリまでいっぱいにします。

そのまま12時間〜2日ほど置いて硬化させます。

天候などで硬化時間が変わりますので時々様子を見てください。

単色の作り方

2種類目のグラデーションで使ったブルーとグリーンのレジン液がまだ多く残っているようでしたらそれを再利用します。

残っていなければ、再度透明なレジン液を2つの紙コップに小分けしてブルーとグリーンを作ります。

1色ずつ入れていきます。こぼれないギリギリまで入れます

そのまま12時間〜2日ほど置いて硬化させます。

天候などで硬化時間が変わりますので時々様子を見てください。

*濃い色のものは直射日光が当たり続けると色あせしやすいので、なるべく直射日光が当たらないところへ保管してください。