UVレジンでヘアゴムアクセサリーを手作りする方法とは?結び目を作らない方法も紹介。第2弾

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。shizukaです。

今回は、UVレジンで金魚のデザインフィルムをパジコの半球モールドで封入しているだけの簡単ヘアゴムアクセサリーです。

UVレジンは、星の雫ハードタイプを使います。

さらに、後ろ側に結び目を作らない方法を紹介します。

スポンサーリンク

ヘアゴムをUVレジンで手作りする方法とは?

準備するもの

  • 金魚デザインのフィルム

自分でカットして使用します。

  • グラスビーズ(エルベール製)

ブルー 変型

  • オーロララメ(100円ショップ)

  • ピンセット

デザインフィルムをモールドに入れたり、位置を調整するときに使います。

先が細い精密タイプがおすすめです。

精密ピンセットは先端がかなり鋭いので、床に落とすと

そのまま先端が刺さることがありますので、うっかり足の上に落とさないように

気をつけてください。

  • UVレジン液

パジコの星の雫がオススメです。

今回も星の雫を使用しています。

1度の硬化で完全硬化します。

あの嫌なベタつきはありません。

冬場は粘り気が強くなって、使いづらいです。

エンボスヒーターで温めて使うとレジン液がサラサラになって使いやすくなります。

買った時は、100gですが、アマゾンだと定価よりも安いです。

  • ニトリル手ぶくろ(調理用の手袋)

使い捨てでOK

  • UVライト・UV-LEDライト

UVライト(36w)

約2分〜3分で硬化します。

UV-LED ライト

約30秒〜90秒

厚みや季節、天候などによっても異なります。

様子を見ながら硬化させてください。

UVライト・UV-LEDライトを、持っていなくても直射日光で硬化させることが出来ます。

直接太陽光で硬化させる時には、透明の密封容器の本体をフタの代わりに使用すると、ホコリやゴミが付くのを防ぐことができます。

晴れている日は、約30秒〜90秒

曇っている日は、約3分〜10分

形や厚み、季節によって変わるので、様子を見ながら調整してください。

  • クリアファイル

100円ショップのものでOK

テーブルや机の上に置いて

レジン液で汚れないようにしたり

クリアファイルの上でレジン液を直接出して着色する時に使います。

  • 半球型モールド(パジコ製)

25mmを使用しました。

手芸店やネットショップで購入できます。

  • 着色料(パジコ 宝石の雫)

アマゾンで購入。単体だと送料がかかるので、お持ちでなければ、まとめて買った方が、安いかもしれません。

近所に手芸店があればそちらで買う方がオススメです。

今回は、シルバーを使っています。

  • ボタン足パーツ(大)

ヘアゴムを通すためのパーツとして使います

隠れ工房グリーンオーシャンというネットショップで購入しました。

  • 楊枝

デザインフィルムの位置を調整したり、レジン液を混ぜる時に使用します。

  • ヘアゴム(細めのもの)

元から輪になっているもの

100円ショップでも購入できます。

  • ラッピングに使うタイ

ボタン足の穴が少し小さいのでヘアゴムを通す時に使います。

100円ショップで購入できます。

  • エンボスヒーター

シリコンモールドを軽く温めて気泡を抜けやすくするために使います。

清原製の強弱の2段階式エンボスヒーターを使用しました。

  • レジンクリーナー

レジン液でベタついてしまったところを拭くのに使います。

シリコンモールドから抜きにくいときにも使えます。

  • ティッシュ

レジンクリーナーを使う時に使います。

  • 撹拌棒(混ぜる棒)

割り箸や竹串でもOK

  • 透明な密封容器(タッパー)

太陽光で直接硬化させる時に使用します。

スポンサードリンク

ヘアゴムアクセサリーの作り方の手順

1、デザインフィルムをカットします。

デザインのふちに沿ってぎりぎりのところでカットします。

2、デザインフィルムを半球モールドに合わせてみます。

気に入った位置が決まったらスマホで写真に撮ってそれを見ながら作業してもいいですし、初めからアバウトな感じで入れてもいいです。

一度取り出します。

3、半球モールドの25mmサイズのところへ半分位まで透明レジン液を入れて、エンボスヒーターを軽くかけたら、硬化させます。

4、クリアファイルの上に、透明なレジン液を1滴くらい出して、楊枝でデザインフィルムの両面に薄く塗ります。

気泡が出にくくするための一工夫です。

今回は、文字のように決まっている面がないのでお好きな方で大丈夫です。

モールドに入れる時はデザインフィルムを作りたい向きと反対に入れます。

出来上がりは絵柄が反対になるので、モールドの下から確認しながら作業をするのもいいです。

5、のせたときに、デザインフィルムの全体を軽く押すとより密着して気泡が入りにくくなります。

6、もう一度レジン液を入れます。

この層はフィルムしか入れないので、量が少なくてもフィルムが完全にかくれていて、

気泡もなければ大丈夫です。

気泡ができてしまっていたら、透明レジンの量を少し増やすか、デザインフィルムを少し動かすと消えます。

エンボスヒーターを軽くかけて1分硬化させます。

1層目の完成です。

7、2層目を作っていきます。

2層目は小さな2匹の金魚を入れます。

小さな金魚のデザインフィルムの両面にクリアファイルに1滴くらい出した透明なレジンを楊枝を使って薄く塗ります。

精密ピンセットでデザインフィルムを挟んで塗ると塗りやすいです。

塗り終わったら、1層目で作ったレジンの上にのせます。

気泡が入らないようにするため、デザインフィルムを少し動かして透明なレジン液を1層目のレジンとなじませます。

なじませて位置が決まったら、エンボスヒーターを軽くかけて、1分硬化させます。

2層目の完成です。

8、3層目を作っていきます。

2層目のレジンに薄く透明なレジンを楊枝で薄く塗ります。

3層目は水草のデザインフィルムを入れます。

手順は7と同じです。

9、4層目を作っていきます。

3層目のレジンに透明なレジンを楊枝で薄く塗ります。

塗ったときに使った楊枝でオーロララメを先端に少しずつつけて

薄く塗ったレジンに入れていきます。

デザインフイルムの上にラメが集まらないように全体になじませます。

ラメを入れすぎるとデザインフィルムが見えなくなってしまいます。

全体に馴染んだら、グラスビーズを同じ層に入れていきます。

ランダムな感じに入れると自然な感じが出ます。

グラスビーズとラメの位置が決まったら、エンボスヒーターを軽くかけます。

1分硬化させます。

グラスビーズが透明レジンからはみ出ていても大丈夫です。

10、5層目(最後)を作っていきます。

透明レジンをモールドいっぱいまで入れます。

宝石の雫のシルバーを5層目のレジンに直接一滴垂らしてよく混ぜます。

いっぱいまで入っているのでこぼさないように混ぜてください。

全体が混ざったらエンボスヒーターを軽くかけます。

1分硬化させて完全に冷めたら出来上がりです。

出来上がりはデザインが反対になります。

黒い金魚を入れてアレンジしても可愛いです。

スポンサードリンク

結び目を作らないヘアゴムの作り方を紹介!

もともと輪になっているヘアゴムを使用するので、結び目が出来ず後ろ側が綺麗に

出来ます。ヘアゴムが切れてしまっても簡単に交換できるようにしています。

1、ボタン足の穴の向きはどうするかおもて面を見て確認します。

2、半球モールドに戻します。

戻してボタン足をつけた方が水平につけることができます。

戻して、ボタン足の平らな方へ透明なレジン液を楊枝で塗ります。

少し盛り上がるくらいが良いです。

半球のパーツの方へレジン液を塗った方を下にしてのせます。

ボタン足から少しレジン液がはみ出しても大丈夫です。

少しはみ出るくらいの方がしっかり付きます。

1分硬化させます。

完全に冷めたら取り出します。

足つきボタンのようになります。

3、画像のようにラッピング用のタイをゴムの方へ捻ってつけたものを

ボタン足に通します。

向きはどちらからでも大丈夫です。

4、このままタイを引っ張ります。少し力がいります。

5、タイを引っ張ってゴムが1/3くらい通ったらタイを外します。

6、小さい方の輪に大きい方の輪を通します。

7、大きい方の輪を引っ張って締めれば出来上がりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする