黒いプラバンはどこで購入できる?アレンジやプラバンのコツを紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。shizukaです。

今回は、黒いプラ板を使ったアイデアをご紹介したいと思います。しかし、黒いプラ板は、ほとんど見かけないですよね。ではどこで購入できるのでしょうか?

スポンサーリンク

黒いプラバンはどこで購入できる

もともと黒いプラバンはほとんど売っているのを見かけないですよね。

購入できるとしたらどこで買えるのでしょうか?

実は、買えるところがあるんです!

カワチ画材というメーカーで販売しています。

こちらから↓

楽天市場店 (店舗改装中)

ヤフー店

アマゾン店

プラバンのコツとは?

オーブンが温度調整機能つきの物はどうすればいい?

プラバンを縮ませるのに、温度がなく1000wというようにワット数だけのものなら、

プラバンの袋の説明を目安に時間が調整できますが、温度機能付きのオーブンは?という時はどうすればいいのか疑問ですよね。

今、使っているオーブンが温度つきのものなのですが、色々実験してみた結果、

プラバンは熱が加わることで縮むので、熱が弱いとなかなか縮まないので時間がかかります。温度が高ければ高いほど、早くよく縮むので、温度はそのオーブンの最高温度でやると成功率が高くなります。

プラ板は縦と横で縮み方が違う?

プラ板は、ポリスチレンという加熱すると、縮んで硬化する性質を持ったプラスチックの板です。

薄くプレスして製造されているため、縮む方向があり、縦横均等に縮ませるのは難しいです。

はじめに、端の方で実験してみることをお勧めします。

作る物によっては、縦横が重要になってくるものもあります。

左右上下対称のものは、縦か横どちらかに引っ張られて変形します。

縮ませる時のコツは?

1、あらかじめ、オーブンを予熱させておきます。

予熱させなくてもできますが、温度ムラがあるため、プラ板によっては、

かなり変形して縮んでしまうことがあります。

予熱させておくことで、オーブントースター内が一定の温度になっているため

プラ板にも一定の熱が加わるので、均等な形で縮みます。

2、取り出すタイミング

オーブントースターの中で縮んで、大きさがほとんど変わらなくなり、プラ板の全体が平らになった頃が取り出すタイミングです。

取り出してみて少し垂れるくらいが理想です。

早すぎると、変形したままだったり、硬い状態で、上から押さえるとプラバンが粉々になることがあります。

逆に入れすぎると溶けてしまいます。

3、熱いうちにおもしで押します

熱いうちに重しで平らにします。

おもしにするものに模様や少しの凸凹があるとプラバンにも凸凹や模様がついてしまうので、ツルツルしていて凸凹がないものを使ってください。

スポンサードリンク

黒いプラバンにステンシルをして作るピアスの作り方とは?

準備するもの

  • 黒いプラ板(0.2mm)

今回使用している黒いプラ板は、以前ネットショップで購入していたものを自宅で見つけたので使うことにしました。

Kawachiというメーカーのオリジナルプラ板です

  • 1つ穴パンチ

100円ショップのものを使いました。穴の直径は約6mmです

今回使用している黒いプラバンは0.2mmの薄さなので簡単に抜けます。

  • ネイル用ステッカー

以前100円ショップで購入したものを使用しています。

  • スタンプ

ツキネコというメーカーで

アートニック アクアをしようしています。

  • ペイントスポンジ

アマゾンで購入しました。少し大きめなので幅広く使えます。

指にはめて使うタイプを使用しました。

  • アルミホイル

オーブントースターの中に敷きます。

  • 調理用の手袋 (ニトリル手袋)

肌が弱い人は、UVレジン液を使う時に使用してください。

  • さいばし

縮ませたプラバンを取り出す時に使います。

  • おもし

辞書などの厚めの本がおススメです。

  • エンボスヒーター

エンボスパウダーを固める時に使用します

  • エンボスパウダー

パウダーをかけたところだけ盛り上がったような仕上がりするパウダーです。

  • UVレジン液

パジコ社の星の雫 (ハードタイプ)がおススメ!

冬場は、粘度が高くねっとりとしていて使いづらいです。

エンボスヒーターで温めるとサラサラの液になるので使いやすくなります。

  • 丸カン

パーツクラブ 0,7mm×5mm

  • Cカン

パーツクラブ 0.8mm×4×5mm

  • 平ヤットコ

  • UVライト・UV-LEDライト

UVライト(36w)

約2分〜3分で硬化します。

UV-LED ライト

約30秒〜90秒

厚みや季節、天候などによっても異なります。

様子を見ながら硬化させてください。

UVライト・UV-LEDライトを持っていなくても直射日光で硬化させることが出来ます。

直接太陽光で硬化させる時には、透明の密封容器の本体をフタの代わりに使用すると、ホコリやゴミが付くのを防ぐことができます。

晴れている日は、約30秒〜90秒

曇っている日は、約3分〜10分

形や厚み、季節によって変わるので、様子を見ながら調整してください。

  • クリアファイル

レジン液を塗る時にテーブルや机が汚れないようにするため。

  • ピアスパーツ

樹脂製フックタイプ ブラックカラー

スポンサードリンク

作り方の手順

1、型紙を作ります。

コピー用紙やどんな紙でも大丈夫ですが、長方形が良いです。

真ん中から縦に半分に折って切ります。

切ったあと広げると左右対称になります。

切ったサイズは、赤線の部分が5.5cm 白線の部分が4.5cmです。

2、黒いプラバンに輪郭線を鉛筆で薄く写します。

薄く写しておいた方が後で線を消すのが楽です。

写した後輪郭線を切ります。

一緒に穴も開けます。

開けたい位置に鉛筆で丸印をします。

1つ穴パンチの穴が見える方を上にして鉛筆で描いた丸印に合わせて抜きます

あまり端に書いてしまうと欠けてしまうので、2〜3mm内側に書きます。

3、オーブントースターを予熱します。1分くらいです。あらかじめアルミホイルは入れておきます。

予熱が終わったら、プラバンを入れて1分くらい加熱します。

1枚づつ行います。

取り出す時は熱いのでさいばしで挟んで取り出してください。

熱いうちにおもしで平らにします。

平らにしたら、冷めるまで置いておきます。

4、テーブルや机の上にクリアファイルを敷きます。

クリアファイルにマスキングテープでプラバンを固定します。

5、ネイル用のステッカーをプラバンに貼り付けます。

しっかり貼り付けてください

6、ネイル用のステッカーの上からスタンプインクをつけたペイントブラシで軽くポンポンします。

7、ポンポンした部分を触らないようにネイル用ステッカーをそっと剥がします。

使い終わったら捨てないでください。もう一回使います。

8、エンボスパウダーをポンポンした部分全体に薄く隠れるくらいにかけます。

ポンポンしたところ以外にもかかっているので、余計な粉を落とします。

プラバンの角トントンします。

9、エンボスヒーターをかけます。角度を変えて見るとエンボスパウダーが濃くなります。濃くなって入ればパウダーが固まっている状態です。全体が濃い感じになるまで

エンボスヒーターをかけます。エンボスヒーターを近づけ過ぎると熱が逆流してエンボスヒーターの中が焼けてしまい故障の原因になるので注意してください。

全体をまんべんなく念入りにかけます。

エンボスヒーターの熱でプラバン自体が少し変形してしまうので、時々おもしで平らにします。

10、全体が固まった感じになったら表面を軽く指でこすって落としきれなかった余分な粉を落とします。ザラザラが軽くなった感じになったらOKです。

ポンポンした部分だけ盛り上がった感じに仕上がります。

11、それだけだと擦れてしまったりした時に剥がれてしまうことがあるのでUVレジンを塗って落ちにくくします。柄がある部分だけでOKです。

12、UV-LEDライトで1分硬化します。

13、プラバンの穴に丸カンをつけます。つけたら閉じてしまってOKです。

14、丸カンにCカンを通します。一緒にピアスパーツも通します。

ピアスパーツの向きに注意して通してください。

通したら、Cカンを閉じます。

ピアスパーツは少し細いので落ちないようにつなぎ目はしっかり閉じてください。

15、完成です。

他の種類のプラバンを使っても印象が変わります。

真ん中の白いプラバンは黒いプラバンに使ったものと同じスタンプを使用しているのですが、よくわからないですね。白系のプラバンや透明のプラバンには濃いめの色を使った方が良さそうです。

色々なアレンジを楽しんでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする