プラ板を切り抜いて作る。折り鶴モチーフヘアゴムの作り方をご紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。shizukaです

今回は、簡単にできるプラ板で作るステンドグラス風折り鶴モチーフのヘアゴムパーツの作り方を紹介したいと思います。

プラ板は、子供が遊ぶ道具というイメージがある方も多いかと思いますが、アクセサリーを作る材料として注目されていますね。

最近は、いろいろ出ていてて、厚みはもちろん、白い不透明、黒の不透明、暗いところで光るもの、ノンシリコンタイプ、あえて片面をザラザラにしてあるフロストタイプものなどです。

スポンサーリンク

プラ板を切り抜いて作る。折り鶴モチーフのアクセサリーの作成手順を紹介

準備するもの

  • プラ板

今回は、もともと片面がザラザラになっている半透明のもので0.3MMの厚さを選びました。

もともとザラザラになっているものは100円ショップで購入できます。

セリアで購入しました。

切り抜く場合は0.3MMの厚さが良いです。

図案を写すものの場合は透明か半透明のものを使用します。

完全に透明なものを自分でザラザラにして使うこともできます。

  • UVレジン液

パジコ社の星の雫というハードタイプがオススメです。

1回の硬化で完全硬化しますので、ベタつきがほぼありませんが、

気になる場合はもう一度硬化させます。

硬化させた後は、かなり丈夫なパーツが出来上がります。

  • UVライト・UV-LEDライト

UVライト(36w)

約2分〜3分で硬化します。

UV-LED ライト

約30秒〜90秒

厚みや季節、天候などによっても異なります。

様子を見ながら硬化させてください。

UVライト・UV-LEDライトを、持っていなくても直射日光で硬化させることが出来ます。

太陽光で直接硬化させる時は、透明の密封容器の本体があると、フタの代わりになってゴミやホコリが付くのを防ぐことができます。

晴れている日は、約30秒〜90秒

曇っている日は、約3分〜10分

形や厚み、季節によって変わるので、様子を見ながら調整してください。

  • 撹拌棒(混ぜる棒)

割り箸や竹串でもOK

  • 紙やすり

もともとザラザラになっているものを使う場合は必要ありません。

使用する場合は、プラ板全体をまんべんなくこすります。薄く白くなる程度で大丈夫です。

これをサンディングといいます。

紙やすりの番数は800ぐらいが良いです

紙やすりは数字が大きくなるほど細かくなります。

パーツのバリを落としたり、角を丸くする際にも使用します。

  • デザインカッター

プラ板を切り抜く際に使用します。

刃の幅や角度が色々あるので使いやすいものを使用してください。

切っていて切れ味が悪いと感じたら、遠慮なく交換してください。

切れ味が良い方が危ないイメージがありますが、逆に切れない方が危ないです。

先端が欠けてしまった場合にも交換してください、先端が重要です。

  • カッターマット

私の場合はA4サイズを使用していますが、使いやすいサイズで大丈夫です。

緑のマットより白いほうが見やすいです。

  • 1穴パンチ

丸カンやCカンを通すための穴を作る際に使用します。

  • アルミホイル

プラ板をオーブンに入れる際に下に敷きます。

  • マスキングテープ

図案を固定する際に使います。

  • 油性マジック

マッキーのカラータイプなど

  • エタノール

薬局に売っているもので大丈夫です。

切り抜いたプラ板にグラデーションを出す際に使用します。

汚れやベタつきを落とすのにも使えます。

  • ティッシュ

汚れを落とす際時にエタノールと一緒に使用します。

  • 調理用手袋

油性ペンで色を塗るときに使用します。

しないと手先が汚れてしまいます

  • コットン

グラーデーションを出す時にエタノールを染み込ませて使います。

ティッシュより毛羽立ちにくいです。

  • 目打ち

輪郭をなぞる時に使います。

  • さいばし

縮ませたプラ板を取り出す際に使用します

  • おもし

縮んだプラ板を熱いうちに平らにします。

  • 消しゴム

図案の線を消す際に使用します。

  • 鉛筆 (Bか2B)

図案を写す時に使います。

  • ヘアゴム(もともと輪になっているもの)

太さや色はお好みでOK

  • 丸カン

ヘアゴムが余裕で通る大きさのものと

折り鶴パーツに通す小さめのもの

あると便利なもの

  • エンボスヒータ

今回は清原製の強弱の2段階式のエンボスヒーターを使用しています。

手芸店やネットショップで購入できます。

  • 透明な密封容器

太陽光で直接硬化させる時に使います。

100円ショップでも購入できます。

スポンサードリンク

図案を書く方法

コピー用紙などにイラストを描きます。大きめに描かないと

仕上がりがかなり小さいものになります。

縮んだ後は1/3ぐらいになってしまいます。

切り抜いたままの状態と、縮ませた後の大きさはこれくらい違います。

プラ板のメーカーによって多少の違いがあるようです。

イラストを写す方法

今回は、折り鶴モチーフなので、ネットで調べたイメージを参考に手書きしています。

向きを違う向きで作りたいときは、反転印刷(ミラーコピー)

をすれば逆向きの鶴モチーフのイラストができます。

プラ板に写す方法

今回はもともとザラザラのものを使用しているので、ザラザラの面に鉛筆で書きます。

2BかBがいいです。

全体を切り抜いたあと線を消すので、あまり濃く書いてしまうと跡がなかなか消えません。

イラストが写しにくいときは机にマスキングテープで固定すると書きやすくなります。

切り抜く方法

はじめに輪郭を目打ちでなぞっておきます。

なぞっておくと余計なところが欠けにくいのと切り込みを入れた時に、

すんなりと、切れてくれます。

全体を抜くとこんな感じになります。

丸カンを通すところは1穴パンチで開けています。

プラ板の着色の方法

鉛筆で描いた線を消します。

色鉛筆かマッキーどちらかでまず全体を塗りつぶします。

グラデーションにすると1色でも綺麗ですが、多色でも綺麗です。

色のチョイスはお好みで!

1.色を塗りつぶす

今回は、油性マッキーを使っています。ザラザラの方の面を塗ってください。

ステンドグラス風なので縁はシンプルに黒のみを使っています。

マッキーが完全に乾くまで置いておきます。

触って見て指が汚れなければOKです。

2.グラデーションを作る

今回はやっていませんが、お好みでやってください。

参考までに載せておきます。

コットンにエタノールを染み込ませて色の上を軽く叩くようにして色同士をなじませます。

コットンが乾いてきたら少しずつ足して使います。

スポンサードリンク

縮ませる方法

1,オーブントースターへ入れる

電子レンジはやガスオーブンは使えません。

必ずアルミホイルを敷いた上に置いて縮ませてください。

30秒〜40秒で縮み始めてくしゃっと丸まった感じになりますが、縮小された元の形に戻るので心配いりません。

オーブントースターによって時間が前後しますので、様子を見ながら調整してください。

大体平らになった頃に取り出します。

長く入れすぎると溶けてしまいます。

2.おもしで平らにする

取り出したら、熱いうちにおもしで押して平らにします。

なるべくツルツルの所で行います。

少しでも出っ張りがあったり模様があるとそれが出てしまいます。

平らになったらパーツの完成です。

出来上がったパーツの後処理

先端が尖っているとケガをすることがあるので、気になるときは、紙やすりで軽く擦っておきます。

擦りすぎると白く目立ってしまいます。

指で触ってみて引っかかる感じがなくなればOKです。

アレンジ方法

今回は、プラ板で透かしパーツを作ってそこにUVレジンを流してステンドグラス風に仕上げました。

光に透かして見るととても綺麗です。

透かしのままでも和風のおしゃれパーツになります。

作ったパーツをヘアゴムにアレンジするとこんな感じです。

パーツは他にも色々アレンジできます。

自分だけのアレンジを楽しんでくださいね。

図案は用意していませんので、自分オリジナルのイラストでチャレンジしてみてください!