100円ショップのプリントプラバンでオリジナルパーツを作る方法とプラバンのコツを紹介‼︎

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。shizukaです。

今回は、100円ショップに売っているプリントプラバンを使って自分だけのオリジナルパーツを作ってみます。

お気に入りの写真やペット、記念の写真などを使って作ることができます。

スポンサーリンク

100円ショップのプリントプラバンで作るオリジナルパーツの作り方とプラバンのコツを解説!

プラバンのコツとは?

オーブンが温度調整機能つきの物はどうすればいい?

プラバンを縮ませるのに、温度がなく1000wというようにワット数だけのものなら、

プラバンの袋の説明を目安に時間が調整できますが、温度機能付きのオーブンは?という時はどうすればいいのか疑問ですよね。

今、使っているオーブンが温度つきのものなのですが、色々実験してみた結果、

プラバンは熱が加わることで縮むので、熱が弱いとなかなか縮まないので時間がかかります。温度が高ければ高いほど、早くよく縮むので、温度はそのオーブンの最高温度でやると成功率が高くなります。

プラ板は縦と横で縮み方が違う?

プラ板は、ポリスチレンという加熱すると、縮んで硬化する性質を持ったプラスチックの板です。

薄くプレスして製造されているため、縮む方向があり、縦横均等に縮ませるのは難しいです。

はじめに、端の方で実験してみることをお勧めします。

作る物によっては、縦横が重要になってくるものもあります。

左右上下対称のものは、縦か横どちらかに引っ張られて変形します。

縮ませる時のコツは?

1、あらかじめ、オーブンを予熱させておきます。

予熱させなくてもできますが、温度ムラがあるため、プラ板によっては、

かなり変形して縮んでしまうことがあります。

予熱させておくことで、オーブントースター内が一定の温度になっているため

プラ板にも一定の熱が加わるので、均等な形で縮みます。

2、取り出すタイミング

オーブントースターの中で縮んで、大きさがほとんど変わらなくなり、プラ板の全体が平らになった頃が取り出すタイミングです。

取り出してみて少し垂れるくらいが理想です。

早すぎると、変形したままだったり、硬い状態で、上から押さえるとプラバンが粉々になることがあります。

逆に入れすぎると溶けてしまいます。

3、熱いうちにおもしで押します

熱いうちに重しで平らにします。

おもしにするものに模様や少しの凸凹があるとプラバンにも凸凹や模様がついてしまうので、ツルツルしていて凸凹がないものを使ってください。

スポンサードリンク

準備するもの

インクジェット用プラバン(ホワイト)

セリアで購入したハガキサイズの3枚入りです。

  • 作りたい写真

  • インクジェットプリンター

スキャナーが付いているもの

  • カッター

写真の周りを切るときに使います。

  • 定規

写真を切るときに使います。

  • アルミホイル

オーブンの中に敷くときに使います。

  • クラフトパンチ

カーラクラフト3/16を使っています。

穴の直径は約4mmです。

  • UVレジン液

星の雫ハードタイプがオススメですが、

お手持ちのものがあればそちらでもOKです。

  • UV-LEDライト

対応するレジン液の時に使用します。

UV-LEDライト

約30秒〜90秒で硬化します。

UV-LED ライトは、パジコスマートライトミニを使用しています。

本体だけだとUSBのコードしか付いていないので、

下の画像のようなUSBから、コンセントに繋ぐ変換アダプタが必要です。

パソコンにつないで使う場合は必要ありません。

UVライト・UV-LEDライトを持っていなくても直射日光で硬化させることが出来ます。

直接太陽光で硬化させる時には、透明の密封容器の本体をフタの代わりに使用すると、ホコリやゴミが付くのを防ぐことができます。

星の雫の場合

晴れている日は、約30秒〜90秒

曇っている日は、約3分〜10分

メーカーや形や厚み、季節によって変わるので、メーカーの説明書や実際に様子を見ながら調整してください。

  • レジンクリーナー

硬化する前のベタベタのレジンを落とす液です。

球体モールドから取り出す時にも使用します。

  • ティッシュ

レジンクリーナーを染み込ませたり、はみ出たレジンを拭くのに使います

  • 楊枝、竹串

宝石の雫をつけたり、大きな気泡を潰す際に使います。

  • エンボスヒーター

粘度の高いUVレジン液をサラサラな状態にしたり、気泡が抜けやすくするために使います。

  • ストラップパーツ

100円ショップで買えます。

何個かセットになっているものもあります。

  • マスキングテープ

後ろを固定させるために使います。固定させると楽に作業ができます。

スポンサードリンク

作り方

1.作りたいものの写真を用意します。

今回は、ひたち海浜公園のネモフィラで作ってみたいと思います。

2.写真をスキャンしてもう一度ハガキサイズで品質は普通用紙設定で薄めに印刷します。

印刷する時はツルツル面でない方へします。

縮ませると色が濃くなるので、かなり薄め印刷しないと変な色になってしまうことがあります。

お持ちのプリンターの1番か2番目に薄いくらいでいいかもしれません。

3,印刷したら、定規をあてて写真の周りを切ります。ハサミよりカッターの方が綺麗に切れます。

白い縁を残すかフチなしにするかは、お好みで。

もし、縁を残す場合は定規で均等な縁を測って切ると綺麗にできます。

今回は縁を残しました。縁の幅は4mmです。

端から2〜3mm内側にクラフトパンチで穴を開けておきます。

4、縮ませます。

印刷面を下にして入れます。

5.平らになってほぼ動きがなくなったら取り出して熱いうちにおもしで平らにします。

縮ませるとかなり色が濃くなります。

まるで夜みたいになってしまいました…。

このままでもいいのですが、印刷面を保護するためにUVレジンを塗ります。

薄く塗ってもいいですし、厚めに塗ってぷっくり盛ってもOKです。

クラフトパンチで開けた穴を塞がないように注意してください。

6、プラバンの後ろ側をマスキングテープでクリアファイルに固定します。

全体に UVレジンを行き渡らせます。

気泡ができてしまったら、楊枝や竹串で突いて潰してください。

エンボスヒーターを使って潰してもいいですが、かけすぎるとプラバン自体が

縮んでしまうので軽くかければ大丈夫です。

7.硬化させます。

硬化したらストラップパーツをつけて完成です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする