猫の切り絵風プラ板ピアスの作り方、図案作りのコツをご紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。shizukaです

今回は、簡単にできて可愛い猫の切り絵風プラ板のアクセサリーパーツの作り方を紹介したいと思います。

プラ板というと子供の遊び道具というイメージがある方も多いかと思いますが、アクセサリーを作るのに以外と使えるアイテムなんです。

最近は、いろいろ出ていてて、厚みはもちろん、ホワイト、ブラック、暗いところで光るもの、透明ノンシリコンタイプ、あえて片面をザラザラにしてヤスリがげの手間を省いたフロストタイプなどです。

スポンサーリンク

プラ板アクセサリーパーツの作成手順の紹介

準備するもの

  • プラ板

今回は、もともと片面がザラザラになっている半透明のもので0.3mmの厚さを選びました。

もともとザラザラになっているものは100円ショップで購入できます。

図案を写すものの場合は透明か半透明のものを使用します。

完全に透明なものを自分でザラザラにして使うこともできます。

  • 紙やすり

もともとザラザラになっているものを使う場合は必要ありません。

使用する場合は、プラ板全体をまんべんなくこすります。薄く白くなる程度で大丈夫です。

紙やすりの番数は800ぐらいが良いです

紙やすりは数字が大きくなるほど細かくなります。

パーツのバリを落としたり、角を丸くする際にも使用します。

  • デザインカッター

プラ板を切り抜く際に使用します。

刃の幅や角度が色々あるので使いやすいものを使用してください。

切っていて切れ味が悪いと感じたら、遠慮なく交換してください。

先端が欠けてしまった場合にも交換してください、先端が重要です。

  • カッターマット

私の場合はA4サイズを使用していますが、使いやすいサイズで大丈夫です。

緑のマットより白いほうが見やすいです。

  • 1穴パンチ

丸カンやCカンを通すための穴を作る際に使用します。

  • アルミホイル

プラ板をオーブンに入れる際に下に敷きます。

  • マスキングテープ

図案を固定する際に使います。

  • 油性マジック

マッキーのカラータイプなど

  • 色鉛筆

  • エタノール

薬局に売っているもので大丈夫です。

切り抜いたプラ板にグラデーションを出す際に使用します。

汚れやベタつきを落とすのにも使えます。

  • ティッシュ

汚れを落とす際時にエタノールと一緒に使用します。

  • 調理用手袋

油性ペンで色を塗るときに使用します。

しないと手先が汚れてしまいます

  • コットン

グラーデーションを出す時にエタノールを染み込ませて使います。

ティッシュより毛羽立ちにくいです。

  • 目打ち

輪郭をなぞる時に使います。

  • さいばし

縮ませたプラ板を取り出す際に使用します

  • おもし

縮んだプラ板を熱いうちに平らにします。

  • 消しゴム

図案の線を消す際に使用します。

  • 鉛筆 (Bか2B)

図案を写す時に使います。

今回、使用した基本パーツ、ピアスパーツは、全てパーツクラブというアクセサリーパーツ専門店のものを使っています。

  • ピアスパーツ (チタン製)

フックタイプ

チタンはサビにくくて丈夫です。

  • 基本金具パーツ

参考までに使用したサイズ等を記載しておきます。

丸カン

0.7×5mm

Cカン

0.8×4×5mm

9ピン

0.5×16mm

  • ビーズ

4mm

#5000 046N スワロフスキー(アクアマリンカラー)

形状はお好みで使用してください

  • 平ヤットコ

丸カン、Cカンパーツを開閉する際に使用します。

2つあると便利です。

丸ヤットコ

9ピンを丸める際に使用します。

図案作りのコツ

図案のアイデア

今回は、猫の切り絵のイラストからヒントを得て図案を起こしました。

気になった、イラストや、画像、こうしてみたらどうだろう?というのを

大まかに書き出したり、絵に書いてみて、自分なりにアレンジしてみると、意外にいいアイデアが浮かびますよ。

思い立ったらぜひやってみてくださいね。

※ネットのイラストをそのままコピーするのは違法になる可能性があるので

十分注意してください。

図案を書く方法

コピー用紙などにイラストを描きます。大きめに描かないと

仕上がりがかなり小さいものになります。

縮んだ後は1/3ぐらいになってしまいます。

切り抜いたままの状態と、縮ませた後の大きさはこれくらい違います。

プラ板のメーカーによって多少の違いがあるようです。

イラストを左右対称にしたいときのコツ

下の画像のようにイラストを半分書きます。

下の画像は、ミラーコピー(反転印刷)をした画像です

元の半分のものとミラーコピー(反転印刷)したもの2枚をずれないように別な紙へ貼り合わせます。

貼り合わせたものをもう1回普通にコピーします。

下の画像のように左右対称のイラストになります。

プラ板に写す方法

今回はもともとザラザラのものを使用しているので、ザラザラの面に鉛筆で書きます。

2BかBがいいです。

全体を切り抜いたあと線を消すので、あまり濃く書いてしまうと跡がなかなか消えません。

イラストが写しにくいときは机にマスキングテープで固定すると書きやすくなります。

切り抜く方法

はじめに輪郭を目打ちでなぞっておきます。

なぞっておくと余計なところが欠けにくいのと切り込みを入れた時に、

すんなりと、切れてくれます。

頭のところに1穴パンチで穴を開けておきます。端から3〜4mmの所を開けます。

縮んでからだと開けられません。

プラ板は硬いので、少しずつ休憩をとりながら作業をしてください。

一気にやると腕や指が痛くなります。

目の部分から切り抜きます。

次に鼻の部分を切り抜きます

次に耳を切り抜きます。

最後に全体の形を切ります

耳と耳の間の赤線だけカッターで切り込みを入れておきます。

耳の根元が欠けやすいためです。

耳の先端から根元にかけてハサミで切り込みます。

黄色の矢印のように切込みを入れます

最後に紫の線の方向に切って完成です

すでに全ての工程が終わっている画像なのでわかりにくかもしれません。

プラ板の着色の方法

鉛筆で描いた線を消します。

ヒゲの部分は残しておきます。

色鉛筆かマッキーどちらかでまず全体を塗りつぶします。

グラデーションにすると1色でも綺麗ですが、多色でも綺麗です。

色のチョイスはお好みで!

1.色を塗りつぶす

今回は、色鉛筆を使っています。ザラザラの方の面を塗ってください。

青と黄色を使っています。

塗り終わったら、色鉛筆の粉をよく落としておきます。

2.グラデーションを作る

コットンにエタノールを染み込ませて色の上を軽く叩くようにして色同士をなじませます。

コットンが乾いてきたら少しずつ足して使います。

馴染んでエタノールが乾いたら、油性マジックでヒゲをなぞります。

縮ませる方法

1,オーブントースターへ入れる

今回、使用したのは1000wでそのトースターの最高温度です。

電子レンジはやガスオーブンは使えません。

必ずアルミホイルを敷いた上に置いて縮ませてください。

30秒〜40秒で縮み始めてくしゃっと丸まった感じになりますが、また元の形に戻るので心配いりません。

オーブントースターによって時間が前後しますので、様子を見ながら調整してください。

大体平らになった頃に取り出します。

長く入れすぎると溶けてしまいます。

2.おもしで平らにする

取り出したら、熱いうちにおもしで押して平らにします。

平らになったらパーツの完成です。

耳の先などは尖っていることがるので、紙やすりで軽く擦っておきます。

指で触ってみて引っかかる感じがなくなればOKです。

使用したパーツのピアスにアレンジするとこんな感じです。

ピアスだと少し大きめかなと思いましたが、さりげなく揺れる感じが可愛いです。

パーツは他にも色々アレンジできます。

図案は用意していませんので、自分でオリジナルのイラストでチャレンジしてみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする