クロバーのタッセルメーカーで初めてでもできるタッセルの作り方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。shizukaです。

今回はタッセルメーカを使って、丸カンタイプのタッセルを作ってみたいと思います。

色々なタッセルが作れるのですが、丸カンタイプを作っていきます

今、ちょっとした人気にになっていますね。

自分で作れたら、自慢できちゃうかもしれません。

タッセルメーカは、大手手芸メーカーのクロバーのものを使います。

サイズがスモールラージがありますが、今回使うのはスモールです

スポンサーリンク

タッセルメーカーを使って簡単にできるタッセル(丸カンタイプ)の作り方

準備するもの

  • 刺繍糸かレース糸

色はお好みで。

刺繍糸は5番の太さがちょうどいいです。

レース糸の太さばお好みで。

  • 先が細いハサミ

タッセルメーカーから切り離す時に使います。

  • 丸カン(パーツクラブ)

1.0×6mm(10回巻いた時)

巻く回数が増えれば、丸カンも大きいものにします。

通した時に丸カンの半分くらい余裕がある大きさにします。

  • 目打ち

タッセルのくびれ部分を作った後の糸処理に使います。

  • 平ヤットコ

2本あると便利です。

丸カンの開閉に使います。

スポンサードリンク

作り方の手順

1.タッセルメーカを作りたい長さに調整します。

今回はスモールなので、3cmの長さで作ります。

長さの調整は脇に目盛りがついているので、画像の一番下の目盛りに合わせると3cmです

三角の印がついている方が表側になります。

2.はじめの糸は画像のように、目盛りと目盛りの間にはさみます。

三角の印がついている方を表がわにして左右どちらからでも大丈夫です。

やりやすい方でやってください。

つまみを少し緩めて間に糸を挟み込みます。挟んだらつまみを

きつめに締めます。

両方につまみがついているので、両方で緩めてください。

挟むのができたら、画像のように向かい側に糸を持っていきます。

向かい側に回した糸を下から手前に持ってきて巻きます

これで1回目です。

これを繰り返して10回ほど巻きます。

あくまで目安なのでお好みの回数で大丈夫です。

枠の真ん中あたりで巻いた方が巻きやすいです。

後から縛る時も楽です。

10回巻き終わったら、

巻いた糸の束の真ん中を縛ります。

中心は小さい方の三角のマークのところに合わせて縛ります。

くびれができるぐらいの強さで引き締めながら縛ります。

2回きつく縛ります。

中心が細くなるので丸カンも入れやすくなります。

縛り終わったら、丸カンを通して、中心で縛っていた糸を切ります。

巻いた糸の束を切らないように注意してください。

丸カンは隙間がないようにしっかり閉じてください。

いよいよ枠から切り離します。

上下の溝の所を切ります。

カットをして外すとこうなります。

丸カンが抜けないように注意してください。

カットした後、真ん中から二つ折りをします。

丸カンのつなぎ目が中側に入るようにします。

別な糸で縛っていきます。

糸は10cmくらいの長さを1本作ります。

今回はわかりやすいように色を変えています。

なるべく丸カンに近い方に輪を作ります。

輪を作る方の糸を短く作ってください。

タッセル本体と輪にした紐を同時に持ちます。

次に、輪の方の幅を狭くするように長い方の糸をタッセル本体に巻きつけていきます。

6回巻いています。

巻き終わったら、巻いた方の糸を輪に通します。

通したら、輪から糸が抜けないように押さえて

赤い矢印の方の短い糸を引きます。

ここが、一番難しいところです。

作品自体がとても小さいので、最初は、引く加減や、巻く強さが、よくわからず、ぐちゃぐちゃになってしまうことがあるかもしれません。

慣れないうちは、1番大きい5cmで何度か練習してみるのがオススメ。

一度覚えてしまえば、大きさは自在に巻けるようになります。

強く引くとほどけてしまうので

巻いた方の輪が完全に隠れるくらいまでで大丈夫です。

引いたら、余分な糸をできるだけ根元で切ります。

巻いた糸を切らないように注意してください。

切った所の糸が出ているようであれば、目打ちで中に押し込みます。

画像のようなミニタッセルが完成です。

同じ色の糸ではなくて違う色を使っても可愛いです。

3cmで作りましたが、かなり短くしています。

お好みの長さで調節してください、

水色で巻いてある所から上の丸カンに近い方を引き締めたいので、

広がっている方を少しずつ引っ張って引き締めていきます。

強く引きすぎると、糸が抜けてしまうので気をつけてください。

毛足を揃えたいときは、いらない紙をタッセル本体に巻いて、切るとずれにくいので綺麗に仕上がります。

切りたい長さだけの毛足を巻いた紙からを出して、根元から切ります

ピアスにアレンジしてみましょう!

準備するもの

  • 9ピン(パーツクラブ)

0.5×16mm

  • ビーズ(スワロフスキー)

パーツクラブで購入

カラー:アクアマリン

型番:#5000 046N

大きさ:4mm

  • フックピアスパーツ(チタン製)

パーツクラブで購入しました。

とても細いので、繋げる時には、丸カンやCカンを隙間なく閉じておかないとパーツが落ちてしまうことがあります。

  • 丸ヤットコ

9ピンが簡単に綺麗に丸まってくれる、意外と便利な道具です。

  • パーツをのせておくための小皿

ビーズ用の三角形のプラスチック製のトレイでもいいですが、軽いので、ひっくり返してこぼしてしまうことがあります。

私が使っているのは、豆皿と言われる、陶器製の小皿です。

プラスチック製のトレイだと、よくひっくり返してパーツをなくしてしまうことが、多いので、安定感や重さがほどほどある陶器製の豆皿を使っています。

スポンサードリンク

ミニタッセルピアスの作り方手順

9ピンにスワロフスキービーズを通します。

スワロフスキービーズの根元で直角に曲げます。

先端から1/3くらいのところをカットします。

カットした所の先端から丸ヤットコを使い、根元に向かってくるっと丸めます。

丸める向きは、最初から丸い所のつなぎ目とは逆になります。

9ピンの丸い所を手前側に広げます。パーツが通るギリギリで大丈夫です。

広げすぎると閉じるとき大変になってしまいます。

直接9ピンにタッセルパーツとフックピアスパーツを入れています。

9ピンのつなぎ目の隙間を開けないように調節してください。

隙間があるとつないだパーツが落ちてしまうことがありますので注意してください。

タッセルピアスの完成です。

グラデーションの糸を使ったり、引き揃えの糸を使っても可愛い作品が出来上がります。

オリジナルアレンジを楽しんでください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする